生源寺 順(読み)ショウゲンジ カズ

20世紀日本人名事典の解説

生源寺 順
ショウゲンジ カズ

大正・昭和期の機械工学者 名古屋大学名誉教授。



生年
明治20(1887)年3月15日

没年
昭和41(1966)年12月13日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大工科大学機械工学科〔明治44年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔大正8年〕

経歴
大正2年九州帝大工科大学助教授、4〜7年米国留学、帰国後九州帝大教授となり機械力学を担当。昭和7年欧州出張、8年から3年間工学部長を務めた。15年名古屋帝大創設で工学部長となり9年在職。18〜27年名古屋航空研究所(のちの名古屋産業科学研究所)所長。30年名大を定年退職、同大名誉教授。その後愛知工業大学教授となった。著書に「水タービン」「水車」「渦巻ポンプ講義」などがあり、水車吸出管の中の水の流れの研究は有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android