生物知・生物識(読み)なまものしり

精選版 日本国語大辞典「生物知・生物識」の解説

なま‐ものしり【生物知・生物識】

〘名〙 (「なまものじり」とも。「なま」は接頭語) いい加減にしか物を知らないのに、物知り顔をすること。また、その人。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「物の上手は、一向のへたのやで、をとにもせいでいるぞ。なまものしりなるが我はめくぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android