コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物識り なまものしり

大辞林 第三版の解説

なまものしり【生物識り】

〔「なまものじり」とも〕
たいしてものを知らないくせに、知ったふうをすること。また、その人。 「足下きさまは又例の-で/西洋道中膝栗毛 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生物識りの関連キーワード魯文

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android