コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産の正味エネルギー

栄養・生化学辞典の解説

生産の正味エネルギー

 生産のエネルギーとほぼ同じ意味に使われる.代謝エネルギーから特異動的効果で失われるエネルギーを引いた量を正味エネルギーというが,この正味エネルギーは通常は(妊娠,授乳などの場合を例外として)身体の維持のために使われ,さらに利用できる正味エネルギーがある場合は生産に利用される.この維持に使われるものを除いた部分.運動,体成分の蓄積,胎児の生育,授乳,などに使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android