生臭い・腥い(読み)なまぐさい

大辞林 第三版の解説

なまぐさい【生臭い・腥い】

( 形 ) [文] ク なまぐさ・し
生の獣肉や魚に特有のにおいがする。
僧が戒律を守らず、堕落している。
欲望などにとらわれて世俗的である。物事に利害や打算が絡んでいる。 「 - ・い話」 「この美談の裏には結構-・いうわさがある」
血のにおいがする。不穏な気配がする。 「 - ・い風が吹いてくる」
あやしげである。うさんくさい。 「や、-・い男呼ばり、おけ〱おいてくれ/浄瑠璃・寿の門松」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android