コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生臭い・腥い なまぐさい

大辞林 第三版の解説

なまぐさい【生臭い・腥い】

( 形 ) [文] ク なまぐさ・し
生の獣肉や魚に特有のにおいがする。
僧が戒律を守らず、堕落している。
欲望などにとらわれて世俗的である。物事に利害や打算が絡んでいる。 「 - ・い話」 「この美談の裏には結構-・いうわさがある」
血のにおいがする。不穏な気配がする。 「 - ・い風が吹いてくる」
あやしげである。うさんくさい。 「や、-・い男呼ばり、おけ〱おいてくれ/浄瑠璃・寿の門松」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生臭い・腥いの関連キーワードにおい

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android