コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生食用の牛レバー禁止

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生食用の牛レバー禁止

O157などの腸管出血性大腸菌がレバー内部にまで入り込むことがわかり、国が「加熱以外で安全性が確保できない」として食品衛生法の基準を改正した。違反すれば2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すことができる。店では、牛レバーは加熱用として提供し、加熱は内部全体を63度で30分以上か75度で1分以上が目安。客が調理する場合、店側は中心部まで十分に加熱するよう案内する必要がある。

(2012-06-29 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

生食用の牛レバー禁止の関連キーワードO(オー)157

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android