コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生食用の牛レバー禁止

1件 の用語解説(生食用の牛レバー禁止の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生食用の牛レバー禁止

O157などの腸管出血性大腸菌レバー内部にまで入り込むことがわかり、国が「加熱以外で安全性が確保できない」として食品衛生法の基準を改正した。違反すれば2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すことができる。店では、牛レバーは加熱用として提供し、加熱は内部全体を63度で30分以上か75度で1分以上が目安。客が調理する場合、店側は中心部まで十分に加熱するよう案内する必要がある。

(2012-06-29 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生食用の牛レバー禁止の関連キーワード病原性大腸菌O-157ベロ毒素ベロ毒素産生性大腸菌EHEC出血性大腸炎腸管出血性大腸菌感染症O(オー)157大腸菌O(オー)111

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone