コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産婦人科医師契約決裂の経緯

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

産婦人科医師契約決裂の経緯

昨年7月、三重大医学部の産婦人科医集約化に伴い、尾鷲総合病院に産科医がいなくなった。2カ月後、市は年間5520万円の報酬で津市の開業医雇い入れた。1年後の8月末、更新契約交渉で報酬や休日面で条件が折り合わず、医師は退職することになった。この約1年間、医師が休みを取ったのは昨年末の2日間のみで、24時間院内で寝泊まりし、新生児を150人以上とり上げた。

(2006-09-24 朝日新聞 朝刊 三重 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone