コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)

1件 の用語解説(産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)

公共関与型の処分場で、屋根で覆う被覆型。容量は約84万立方メートル埋め立て年数は約15年。総事業費は約77億7千万円で、2013年度中の稼働を目指している。

(2011-08-28 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業廃棄物管理型最終処分場エコパークかごしま(仮称)の関連キーワード意味付与型キャラクター瓦棒寄棟最終処分場安定型最終処分場と管理型最終処分場敦賀市のごみ処分場問題RD処分場の廃棄物処理問題高レベル放射性廃棄物の最終処分場全面被覆型パッド (full pad)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone