コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用章延俊

美術人名辞典の解説

用章延俊

元末・明初の僧。楽平の人。号は泪川・懶庵。笑隠大訴の法嗣となり、蘇州白馬寺、呉興資福寺、紹興能仁寺、杭州中天竺寺を歴住し、銭塘浄慈寺の住持となった。著に『泪川集』がある。洪武元年(1368)寂、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android