コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用章延俊

1件 の用語解説(用章延俊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

用章延俊

元末・明初の僧。楽平の人。号は泪川・懶庵。笑隠大訴の法嗣となり、蘇州白馬寺、呉興資福寺、紹興能仁寺、杭州中天竺寺を歴住し、銭塘浄慈寺の住持となった。著に『泪川集』がある。洪武元年(1368)寂、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用章延俊の関連キーワード瞿応紹倪瓚高啓呉鎮施耐庵方孝孺羅貫中覚昭吉川楽平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone