コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝い たのむのいわい

大辞林 第三版の解説

たのむのいわい【田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝い】

陰暦八月一日、初穂を田の神に供える穂掛け祭り。
(「憑の祝い」とも書く)鎌倉中期以降、主に武家で、陰暦八月一日に家臣が主君へ太刀・馬などを献上し、主人よりの返礼を受けて君臣の誓いを新たにする儀式。江戸幕府では、徳川家康が江戸城入城に八朔はつさくの日を選んだため、重い儀式となった。たのむのせっく。たのむのせつ。たのむのひ。たのもせっく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝いの関連キーワード君臣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android