コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝い たのむのいわい

大辞林 第三版の解説

たのむのいわい【田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝い】

陰暦八月一日、初穂を田の神に供える穂掛け祭り。
(「憑の祝い」とも書く)鎌倉中期以降、主に武家で、陰暦八月一日に家臣が主君へ太刀・馬などを献上し、主人よりの返礼を受けて君臣の誓いを新たにする儀式。江戸幕府では、徳川家康が江戸城入城に八朔はつさくの日を選んだため、重い儀式となった。たのむのせっく。たのむのせつ。たのむのひ。たのもせっく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

田の実の祝い・田の実の祝・憑の祝いの関連キーワード君臣

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android