田中 一光(読み)タナカ イッコウ

20世紀日本人名事典の解説

田中 一光
タナカ イッコウ

昭和・平成期のグラフィックデザイナー 田中一光デザイン室主宰。



生年
昭和5(1930)年1月13日

没年
平成14(2002)年1月10日

出生地
奈良県奈良市

学歴〔年〕
京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)図案科〔昭和25年〕卒

主な受賞名〔年〕
日宣美会員賞〔昭和34年〕,ADC賞金賞〔昭和35年〕,ペルソナ毎日賞〔昭和41年〕,ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ第2位〔昭和43年〕,講談社出版文化賞〔昭和48年〕,毎日産業デザイン賞,芸術選奨文部大臣新人賞〔昭和55年〕,ニューヨークADC金賞〔昭和61年〕,ADC賞会員最高賞〔昭和61年〕,毎日芸術賞(第29回)〔昭和63年〕,日本文化デザイン大賞〔平成3年〕,紫綬褒章〔平成6年〕,朝日賞(平9年度)〔平成10年〕,ADC賞グランプリ〔平成10年〕,亀倉雄策賞(第1回)〔平成11年〕,文化功労者〔平成12年〕,造本装幀コンクール日本書籍出版協会理事長賞(外国語版部門 第36回)〔平成14年〕「HANAE MORI STYLE」,毎日ファッション大賞(特別賞 第20回)〔平成14年〕

経歴
鐘淵紡績で染色デザインをやっていたが、アメリカ文明に刺激を受けてグラフィックデザインに方向転換。のちサンケイ新聞大阪本社、ライトパブリシティを経て、昭和35年日本デザインセンター創立に参加。38年田中一光デザイン室主宰。48年からセゾングループのアートディレクターとして包装紙、ロゴ、イベントのポスターなどを手掛け、無印良品の企画・監修を担当。日本での西武美術館をはじめ、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリなどで個展開催。日本的表現と西欧的表現を融合させ、格調ある独自のスタイルを創造し、国際的にも高い評価を受けた。平成12年文化功労者。代表作に「共同石油」「東京銀行」の各マーク、「赤坂東急ホテル」の外装デザインなど。また、昭和45年大阪万博の政府館の展示計画に関わり、60年つくば科学万博のシンボルマークなども作製した。著書に「日本の文様」「田中一光デザインの世界」「デザインの周辺」「デザインの仕事机から」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

田中 一光 (たなか いっこう)

生年月日:1913年1月13日
昭和時代;平成時代のグラフィックデザイナー。田中一光デザイン室主宰
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中 一光の関連情報