田中 不二麿(読み)タナカ フジマロ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「田中 不二麿」の解説

田中 不二麿
タナカ フジマロ


肩書
司法相,枢密顧問官

別名
通称=国之輔 号=夢山 静淵

生年月日
弘化2年6月12日(1845年)

出生地
尾張国名古屋(愛知県)

経歴
幕末、尊王論者として尾張藩論をまとめた。明治元年徴士、4年文部大丞。同年から岩倉具視特命全権大使に従い欧米を視察。7年文部大輔、10年米国の教育制度調査に出張、12年教育令制定に尽力。13年司法卿に転じ、14年参事院副議長、17年イタリア公使、20年フランス公使兼スイス・ポルトガル公使。23年枢密顧問官、24年第1次松方正義内閣の司法相、25年再び枢密顧問官を務め、同年子爵。教育・司法界に多くの業績を残した。著書に「米国学校法」「理事功程」がある。

没年月日
明治42年2月1日

家族
息子=田中 阿歌麿(湖沼学者)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android