田中 千代(読み)タナカ チヨ

20世紀日本人名事典の解説

田中 千代
タナカ チヨ

昭和・平成期のファッションデザイナー 田中千代学園理事長;田中千代服飾専門学校校長。



生年
明治39(1906)年8月9日

没年
平成11(1999)年6月28日

出生地
東京市芝区田村町(現・東京都港区)

旧姓(旧名)
松井

学歴〔年〕
双葉高女〔大正13年〕卒,ニューヨーク大学修了

主な受賞名〔年〕
兵庫県文化賞〔昭和30年〕,産経服装文化章〔昭和31年〕,藍綬褒章〔昭和43年〕,勲三等瑞宝章〔昭和52年〕,東京都名誉都民〔平成3年〕

経歴
18歳で地理学者・田中薫と結婚。昭和3年から夫とともに4年間欧米に留学。デザインや洋裁技術を学び、特にチューリヒではオットー・ハスハイエ教授に師事。7年帰国して鐘紡(カネボウ)に入り、企業デザイナーとなる。7年田中千代学園を創立し、芦屋、東京、名古屋、福岡に学校を設立、日本のファッション教育の基礎を築いた。戦後は皇后良子(現・皇太后)の服装の相談役を10年以上つとめた。民族衣装の収集家としても知られ、平成元年東京・渋谷に民族衣装館を設立。著書に「田中千代服飾事典」など。没後の12年、遺族により民族衣装コレクション約5千点が国立民族学博物館に寄贈される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

田中 千代 (たなか ちよ)

生年月日:1906年8月9日
昭和時代;平成時代のファッションデザイナー。田中千代学園理事長;田中千代服飾専門学校校長
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中 千代の関連情報