コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中伝左衛門(3世) たなかでんざえもん[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中伝左衛門(3世)
たなかでんざえもん[さんせい]

[生]?
[没]1801
長唄囃子方。囃子の家柄としては,望月家とともに最も伝統ある名跡。初名源助,寛延3 (1750) 年江戸森田座の大鼓打としてその名がみえる。翌年佐太郎となり,宝暦 11 (1761) 年伝左衛門を襲名。以来,田中家では代々,源助,佐太郎は伝左衛門の控え名となった。長男は父業を継いで4世伝左衛門となり,次男は8世杵屋喜三郎の養子となって,のち9世杵屋六左衛門となった。なお,流祖は延享年間 (1744~48) の小鼓打西村弥平治の子孫とも門弟ともいわれ,明らかではない。1,2世については未詳。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

田中伝左衛門(3世)の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿