コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中王城

美術人名辞典の解説

田中王城

俳人。京都生。名は常太郎。初め正岡子規の句風を慕い、中川四明にも学んだ。のち高浜虚子に師事し、ホトトギス同人となり京都俳壇の第一人者となった。大阪俳壇の先進とともに関西全般に多くの門下を育て、また雑誌『鹿笛』を刊行した。句集に『王城句集』がある。昭和14年(1939)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone