コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中王城

美術人名辞典の解説

田中王城

俳人。京都生。名は常太郎。初め正岡子規の句風を慕い、中川四明にも学んだ。のち高浜虚子に師事し、ホトトギス同人となり京都俳壇の第一人者となった。大阪俳壇の先進とともに関西全般に多くの門下を育て、また雑誌『鹿笛』を刊行した。句集に『王城句集』がある。昭和14年(1939)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

田中王城の関連キーワード磯巾着・菟葵俳人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android