コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中純(1) たなか じゅん

1件 の用語解説(田中純(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中純(1) たなか-じゅん

1890-1966 大正-昭和時代の小説家。
明治23年1月19日生まれ。「新小説」の編集主任をへて,大正8年里見弴(とん)らと「人間」を創刊。翌年発表の「妻」が代表作。ドライサーの「アメリカの悲劇」やツルゲーネフらの翻訳があり,戦後の作品に「作家の横顔」など。昭和41年4月20日死去。76歳。広島県出身。早大卒。本名は純(あつし)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中純(1)の関連キーワードドイツ映画造船業ニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還エルトゥールル号の遭難事故

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone