田中 佐一郎(読み)タナカ サイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

田中 佐一郎
タナカ サイチロウ

昭和期の洋画家



生年
明治33(1900)年10月24日

没年
昭和42(1967)年2月9日

出生地
京都市

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校予科〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和36年〕

経歴
14歳の頃から国井応陽阿部春峰日本画を学ぶ。大正14年上京し、川端画学校石膏部に籍をおき、そのかたわら安井曽太郎に師事して洋画に転向。15年の帝展に初入選し、昭和3年一九三〇年協会研究所に移り、同展に出品、また二科展に出品した。5年独立美術協会結成に参加し、その第1回展に「裸婦三像」ほか2点を出品し独立賞を受ける。7年から8年にかけてフランスに留学。9年独立美術協会会員。13年には従軍画家として中国、フィリピンビルマなどに赴いた。他の作品に「黄衣少女」「親鸞」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android