田村 隆一(読み)タムラ リュウイチ

  • 田村 隆一 (たむら りゅういち)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の詩人



生年
大正12(1923)年3月18日

没年
平成10(1998)年8月26日

出生地
東京府北豊島郡巣鴨村字平林(現・東京都豊島区)

学歴〔年〕
明治大学文芸科〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
高村光太郎賞(第6回)〔昭和38年〕「言葉のない世界」,無限賞(第5回)〔昭和52年〕「詩集1946〜1976」,読売文学賞(第36回・詩歌・俳句賞)〔昭和59年〕「奴隷の歓び」,現代詩人賞(第11回)〔平成5年〕「ハミングバード」,日本芸術院賞(文芸部門 第54回 平9年度)〔平成10年〕

経歴
府立三商時代からモダニズム系の同人雑誌「新領土」「ル・バル」などに参加。復員後鮎川信夫らと「荒地」を創刊し、昭和31年「四千の日と夜」を刊行。48年文明批評的な一貫した主題の追求と体験的に身につけた自然観とを一体化した「新年の手紙」を刊行。「荒地」同人。38年第二詩集「言葉のない世界」で高村光太郎賞を、59年「奴隷の歓び」で読売文学賞を受賞、また52年には無限賞を受賞。他に詩集「スコットランドの水車小屋」「1999」「田村隆一全詩集」、評論集「若い荒地」、エッセイ「詩人のノート」「インド酔夢行」などもあり、クィーンやロアルド・ダール、クリスティなど多くの翻訳書もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1923年3月18日
昭和時代;平成時代の詩人
1998年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田村 隆一の関連情報