コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村宗顕(2) たむら むねあき

1件 の用語解説(田村宗顕(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村宗顕(2) たむら-むねあき

1784-1827 江戸時代後期の大名。
天明4年5月2日生まれ。堀田正敦(まさあつ)(陸奥(むつ)仙台藩主伊達宗村(むねむら)の8男)の次男。田村村資(むらすけ)の養子。寛政10年陸奥一関(いちのせき)藩(岩手県)藩主田村家6代となる。文化7年遠祖坂上田村麻呂(さかのうえの-たむらまろ)の一千年忌法要をいとなんだ。文政10年11月8日死去。44歳。初名は敬顕(のりあき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田村宗顕(2)の関連キーワードティチング唐来参和伊藤圭介カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニングバンク・オブ・アメリカ政策担当秘書

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone