コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田淵 寿郎(読み)タブチ ジュロウ

20世紀日本人名事典の解説

田淵 寿郎
タブチ ジュロウ

大正・昭和期の土木技師 元・名古屋市助役。



生年
明治23(1890)年3月3日

没年
昭和49(1974)年7月10日

出生地
広島県大竹市

学歴〔年〕
東京帝大工科土木工学科〔大正4年〕卒

主な受賞名〔年〕
朝日賞(昭36年度)

経歴
内務省に入り、山形県工手、京都府技手から昭和9年大阪土木出張所工務部長となった。紀ノ川改修工事、和歌山港築港、淀川の低水路計画、琵琶湖の利水計画などを手がけ、14年名古屋土木出張所長となり、木曽三川の治水、今渡ダム調整などわが国主要河川事業に功績を残した。13、17年と2度中国に赴任、上海の都市計画、黄河大洪水の復旧、北京西郊の都市計画に携わり、20年4月辞任して帰国。戦後は名古屋市技監兼施設局長となり、焼け野原となった名古屋の復興都市計画の責任者として100総道路など画期的な新都市名古屋を復興させた。23年塚本三市長の助役となり地下鉄工事、名古屋港の整備など多くの業績を残した。33年退職、木曽三川協議会会長、愛知県都市計画委員、(財)名古屋城振興協会初代会長などを務めた。都市計画実施の功績で36年度朝日賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android