田荘・田庄(読み)たどころ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 令制以前の寺院・豪族が私有した農業経営地。なりところ。大化の改新の詔で(書紀‐大化二年正月)屯倉(みやけ)とともに廃止された。⇔屯倉
※書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓)「大連の奴の半(なかは)と宅とを分けて、大寺の奴・田庄(タトコロ)と為」
[語誌]倉庫などの建物を含めた田地一帯をいうか。大化前代の豪族の土地所有の形態であり、皇族が所有する屯倉(みやけ)と区別される。税として稲などを収納し、それぞれの共同体の倉庫に一括管理したものと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android