田辺南竜(初代)(読み)たなべ なんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺南竜(初代) たなべ-なんりゅう

1810-1865 江戸時代後期の講談師。
文化7年生まれ。下総(しもうさ)佐原(千葉県)の農民の子で,通称は作内。一説に越後(えちご)(新潟県)出身ともいう。江戸に出,旗本の家につかえて荻沼作内を名のる。のち初代田辺南鶴(なんかく)にまなび,「甲越軍記」などの軍談を得意とした。慶応元年10月8日,56歳で死去。安政4年6月27日,57歳で死去とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android