コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺南鶴(12代) たなべ なんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺南鶴(12代) たなべ-なんかく

1895-1968 大正-昭和時代の講談師。
明治28年8月2日生まれ。2代三遊亭金馬門下の落語家から転じて,2代桃川如燕(じょえん),5代田辺南竜に師事し,昭和13年12代南鶴を襲名。28年から小冊子「講談研究」を主宰した。昭和43年6月23日死去。72歳。滋賀県出身。本名は柴田久弥(きゅうや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田辺南鶴(12代)の関連キーワード深刻小説日清戦争プロヴォーク観念小説文芸倶楽部観念小説尖閣諸島ドイツ映画プレート・テクトニクスネオソム

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone