田近 竹邨(読み)タヂカ チクソン

20世紀日本人名事典の解説

田近 竹邨
タヂカ チクソン

明治・大正期の日本画家



生年
元治1年4月28日(1864年)

没年
大正11(1922)年4月11日

出生地
豊後国直入郡竹田(大分県竹田市)

本名
田近 岩彦

学歴〔年〕
京都府画学校〔明治19年〕卒

経歴
初め郷里の淵野桂僊に学び、18歳の時京都に出て田能村直入に入門、南画を学ぶ。明治29年日本南画協会の結成に参加、幹事となる。30年全国絵画共進会で3等銅牌を受け、新古美術品展でも受賞を重ねる。文展開設後は、41年、42年と3等賞、43年「秋山暁靄」、44年「山雲呑吐」、大正元年「深遠」、2年「乍雨乍晴」、3年「春雲秋靄」が連続して褒状を受賞し、10年日本南画院を結成。田能村竹田の画風に私淑し、山田介堂、池田桂仙と共に大正期京都南画壇の三元老として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田近 竹邨の関連情報