コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由布市の分庁舎問題

1件 の用語解説(由布市の分庁舎問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

由布市の分庁舎問題

平成の大合併」で県内には12の新市が誕生したが、由布市は他市と異なり、有権者数も町の規模も大差ない旧挾間、旧庄内、旧湯布院の3町が合併した。そのため、「どこを市の中心とするか」という合併市町村にとっての共通の懸案が、最も切実な問題として浮上した経緯がある。妥協策として、旧町役場を利用する「分庁舎方式」を採用したが、「市の一体感が生まれない」という新たな問題も生じている。

(2006-09-24 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由布市の分庁舎問題の関連キーワード町村合併東白川村舟橋村平成の大合併都市化率在任特例県内の合併第2幕合併の旧法と新法合併特例法群馬の平成の大合併

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone