コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比正雪(由井正雪) ゆいしょうせつ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいしょうせつ【由比正雪(由井正雪)】

1605‐51(慶長10‐慶安4)
江戸前期の浪人軍学者。慶安事件首謀者。駿河由比の紺屋の子として生まれたとも,駿河宮ヶ崎の生れともいわれる。江戸へ出て,神田の連雀町裏店(うらだな)で旗本大名の家臣に軍学を教え,数多くの弟子を集めた。しかし,大名からの招きには応じず,板倉重昌以外の大名を弟子としなかった。1651年(慶安4)幕閣への批判と旗本の救済とを掲げて,幕府に対する謀反計画を立て,多くの浪人を集める。7月計画を実行に移すため同志9人と駿府へ下り,久能山の徳川家康遺金を奪おうとするが,実行前に事が発覚し,駿府の旅宿梅屋にいるところを,駿府町奉行の手のものに取り囲まれ,26日朝,みずから命を断った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の由比正雪(由井正雪)の言及

【樟紀流花見幕張】より

…歌舞伎狂言。時代物。6幕。河竹黙阿弥作。別名題《花菖蒲慶安実記(はなしようぶけいあんじつき)》《慶安太平記》。通称《丸橋忠弥》。1870年(明治3)3月守田座初演。配役は鞠ヶ瀬秋夜(丸橋忠弥)・大竹初蔵を初世市川左団次,音川修理之介(松平伊豆守)・金井谷五郎を沢村訥升(とつしよう)(のちの4世助高屋高助),宇治常悦(由井正雪)・増田八右衛門を4世中村芝翫(しかん),弓師宗四郎(藤四郎)・九郎兵衛を3世中村仲蔵等。…

【慶安事件】より

…1651年(慶安4)7月に発覚した浪人らによる幕政批判の騒擾(そうじよう)事件。首謀者は由井正雪丸橋忠弥,金井半兵衛,熊谷市郎兵衛ら。慶安の変,由井正雪の乱ともいう。関ヶ原の戦以後,江戸幕府は多くの大名を改易あるいは減封したため,多数の浪人が発生した。一方,元和偃武(げんなえんぶ)以降,ことに寛永期(1624‐44)を迎えると諸大名家での家臣召抱えが控えられるようになり,職を求める浪人がちまたにあふれ,浪人問題は大きな社会問題となってきていた。…

※「由比正雪(由井正雪)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由比正雪(由井正雪)の関連キーワードレオ11世フョードル2世アクバル慶長の大地震ボリスゴドノフグスマン徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android