コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲府一高の強行遠足

1件 の用語解説(甲府一高の強行遠足の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

甲府一高の強行遠足

1924(大正13)年、自分の体力に応じて歩けるだけ歩くことで「剛毅(ごうき)不屈の精神」を養おうと始まった。伊勢湾台風などでの中止を除き、今年で87回目の伝統行事となった。第2回から第36回(1961年)までは24時間で行けるところまで行き、65年からは男子が長野県小諸市までの約100キロ(女子は当時32キロ)に。2002年に長野県小海町で女子生徒が危険運転の車にはねられて死亡、遠足の廃止が議論されたが、遺族の意向も受け、コースを短縮して存続させた。奥田正直校長は「存続を決めた時から、安全を最優先に将来的には小諸に戻す方向で考えてきた」。距離は段階的に延ばし、男子は今年、小諸まで100キロを超える伝統のコースの復活に踏み切った。

(2013-10-09 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲府一高の強行遠足の関連キーワード天真慈教自覚自衛自国自腹手記力に余る応能負担伊藤英覚スリーデーマーチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone