コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状腺被曝(ひばく)

1件 の用語解説(甲状腺被曝(ひばく)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

甲状腺被曝(ひばく)

吸入などで体内に入った放射性ヨウ素による内部被曝。100ミリシーベルト以上被曝するとがんが増えるとされるが、チェルノブイリ原発事故では50ミリシーベルト以上でがんが増えたとの報告もあり、予防目的で甲状腺被曝の防護剤を飲む国際基準は50ミリシーベルト。

(2013-07-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲状腺被曝(ひばく)の関連キーワード安定ヨウ素剤放射性沃素安定沃素安定沃素剤非放射性沃素放射性医薬品放射性プルームヨウ素化甲状腺がんと放射性ヨウ素放射性ヨウ素

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲状腺被曝(ひばく)の関連情報