コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申し込み証拠金

1件 の用語解説(申し込み証拠金の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

申し込み証拠金

宅地建物取引において、宅地建物の購入希望者が、売買契約の交渉の順位確保および購入意思の表示のために、売主または売主を代理または媒介している宅建業者 に交付するお金のこと。通常、申し込み証拠金を交付した購入希望者は、他の競合する購入希望者に優先して契約交渉をすることができるとされている。金額は 5万円から10万円程度。通常、申し込み証拠金は成約した場合には売買代金に充当される。また、申し込み証拠金を交付した後に購入希望者が物件購入の意志をなくした場合には、特別 な定めのない限り、契約に関する交渉を打ち切って、交付した相手方に申し込み証拠金の返還を請求できる。=「申込金」ともいう。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

申し込み証拠金の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者宅地建物取引業者営業保証金重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証媒介(仲介)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone