コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男鹿[市] おが

百科事典マイペディアの解説

男鹿[市]【おが】

秋田県西部,男鹿半島全域を占める市。1954年市制。中心市街が発達する半島南岸の船川港(ふながわみなと)は天然の良港をもち,県第1の漁港サケ,マス,カレイハタハタなどの漁獲が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おが【男鹿[市]】

秋田県西部,男鹿半島西半部を占める臨海都市。1954年,船川港町と隣接4村が合体して市制。翌年,船越町北浦町を編入。人口3万2484(1995)。船川港は北西風をさえぎる本山(ほんざん),真山(しんざん)などの山地を控えた天然の良港で,古来,日本海北部の避難港,風待港であった。明治末以来の港湾修築・拡張工事や,大正初めの男鹿線の開通などによって重要性を増し,1930年には貿易港に指定され,第2次世界大戦前はウラジオストクへの定期航路があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

男鹿[市]の関連キーワードなまはげ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android