コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町内会の解散・休止

1件 の用語解説(町内会の解散・休止の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

町内会の解散・休止

宮城県の沿岸市町では震災後、100近い自治会や町内会、行政区が、解散や休止状態になった。津波で浸水して移転する集落のほか、人口の急減で他の地域と合併する例もある。一方、仮設住宅団地の多くで新たな自治会ができている。今後は集団移転先でも組織されることになる。

(2014-07-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町内会の解散・休止の関連キーワード沿岸沿岸動物震災後強化地域震災後の出国県警の被災地派遣南海トラフ巨大地震県内想定被災地の水産加工業宮城県気仙沼市町裏宮城県多賀城市町前

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町内会の解散・休止の関連情報