コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町立女川中学校

1件 の用語解説(町立女川中学校の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

町立女川中学校

今年4月、宮城県女川町中心部の女川第一中と、離島の第二中が統合して開校した。町にある唯一の中学校。全校生徒は203人。現在は、東日本大震災で津波を免れた一中の校舎を利用している。「津波対策」は、震災直後の2011年4月に一中に入学した生徒が、1年生のときに練り上げた。女川町では、住民約1万人のうち、827人が震災で死亡・行方不明となり、家屋の約7割が全壊した。

(2013-05-22 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町立女川中学校の関連キーワード宮城県牡鹿郡女川町石浜宮城県牡鹿郡女川町出島宮城県牡鹿郡女川町江島宮城県牡鹿郡女川町尾浦宮城県牡鹿郡女川町女川浜宮城県牡鹿郡女川町清水町宮城県牡鹿郡女川町竹浦宮城県牡鹿郡女川町塚浜宮城県牡鹿郡女川町針浜宮城県牡鹿郡女川町横浦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町立女川中学校の関連情報