留連・流連(読み)るれん

精選版 日本国語大辞典「留連・流連」の解説

る‐れん【留連・流連】

① 同じ所にいつまでもとどまること。逗留。りゅうれん。
続日本紀‐養老元年(717)一一月癸丑「到美濃国不破行宮、留連数日」
気晴らしにあちこち歩き回ること。
※古活字本毛詩抄(17C前)七「翺翔るれんしたなりぞ。逍遙と云たと同じ物ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android