コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異し・怪し けし

大辞林 第三版の解説

けし【異し・怪し】

( 形シク )
普通と違っている。いつもの状態ではない。 「あらたまの年の緒長く逢はざれど-・しき心を我が思はなくに/万葉集 3775
不審だ。奇怪だ。 「この女かく書きおきたるを-・しう、…何によりてかからむと、いといたう泣きて/伊勢 21
(程度が)はなはだしい。ひどい。 「宿世は知らねども、さるまじらひせむにも、-・しうは人に劣らじ/宇津保 嵯峨院
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異し・怪しの関連キーワードあらたま

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android