コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病児・病後児保育事業

1件 の用語解説(病児・病後児保育事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

病児・病後児保育事業

病中や病気の回復期にある子どもを、一時的に預かる事業。(1)開業医や公立の総合病院などに専用スペースを設ける「医療機関型」(2)保育所内に専用スペースを確保する「保育所型」(3)看護師などを子どもの自宅に派遣する「派遣型」がある。国と都道府県から補助金を受けた市町村が事業者に委託契約するが、都市部ではNPO法人などが独自に運営するケースもある。

(2009-06-14 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病児・病後児保育事業の関連キーワード一時的一過性回復期血気の勇スピリ病期病中景気の踊り場子どもホスピス子どもの戦争被害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

病児・病後児保育事業の関連情報