コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛・通 つう

大辞林 第三版の解説

つう【痛・通】

【 通 】 [音] ツウ ・ツ
とおる。とおす。つきぬける。 「 通運 ・通気 ・通行 ・通風 ・通路 ・開通 ・交通 ・不通 」
かよう。行き来する。 「 通学 ・通勤 ・通商 ・通帳 」
意思を伝える。知らせる。交際する。 「 通好 ・通告 ・通事 ・通信 ・通達 ・通知 ・通牒 ・通弁 ・通報 ・通謀 ・通訳 ・通話 ・内通 ・文通 」
男女がまじわる。 「 姦通かんつう ・私通 ・密通 」
よく知っている。理解している。 「 通暁 ・通人 ・暁通 ・精通 」
始めから終わりまでつながっている。 「 通解 ・通算 ・通釈 ・通読 ・通夜つやつうや) 」
ひろくゆきわたっている。一般に広まっている。 「 通貨 ・通称 ・通常 ・通説 ・通俗 ・通念 ・通弊 ・通用 ・通例 ・普通 ・流通 」
ふしぎな力。 「 通力 ・神通力じんずうりきじんつうりき) 」
【 痛 】 [音] ツウ
からだがいたむ。いたい。 「 痛苦 ・痛痒つうよう ・苦痛 ・激痛 ・頭痛 ・疼痛とうつう ・鈍痛 ・腹痛 ・神経痛 」
心がいたむ。 「 痛恨 ・痛惜 ・痛嘆 ・心痛 ・沈痛 ・悲痛 」
はげしい。はなはだしく。 「 痛飲 ・痛快 ・痛感 ・痛撃 ・痛切 ・痛罵つうば ・痛憤 ・痛烈 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android