痩薬(読み)やせぐすり

精選版 日本国語大辞典の解説

やせ‐ぐすり【痩薬】

〘名〙 肥満者が痩せるために用いる薬。甲状腺剤のように生体の代謝を異常に亢進させる薬と、食欲抑制剤、吸収阻害のための下剤などが主に用いられる。
※海の墓標(1965)〈水上勉〉一「脂肪過多症の予防や、痩せ薬、低血圧症のための甲状腺の刺激剤として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android