コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴がましい・烏滸がましい・癡がましい おこがましい

大辞林 第三版の解説

おこがましい【痴がましい・烏滸がましい・癡がましい】

( 形 ) [文] シク をこがま・し
が原義〕
分不相応である。さしでがましい。出過ぎたことだ。 「自分のことは棚にあげて、そんなことを言うとは-・い」 「 - ・くも口出しする」
いかにもばかげている。全くばかばかしい。 「おりたちて乱るる人は、むべ、-・しきことも多からむ/源氏 紅葉賀
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痴がましい・烏滸がましい・癡がましいの関連キーワード紅葉賀

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android