コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴れる・癡れる しれる

大辞林 第三版の解説

しれる【痴れる・癡れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 し・る
ぼけて判断力がはたらかなくなる。愚かになる。現代語では「酔いしれる」などの複合語として用いられる。 「これを、今これより、と言ひたれば、-・れたるやうなりや/蜻蛉
(「たり」を伴って)物好きである。いたずら好きである。 「亀山院の御時、-・れたる女房ども/徒然 107

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痴れる・癡れるの関連キーワード複合語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android