痴・烏滸・尾籠・癡・尾篭(読み)おこ

大辞林 第三版の解説

おこ【痴・烏滸・尾籠・癡・尾篭】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ばかげていること。愚かなさま。 「 -の沙汰さた」 「臆病未練の-の者/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
ふとどきなさま。不敵なさま。 「朝比奈にみぎはまさりの大力、-の者と聞きたり/曽我 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android