痴・烏滸・尾籠・癡・尾篭(読み)おこ

大辞林 第三版の解説

おこ【痴・烏滸・尾籠・癡・尾篭】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ばかげていること。愚かなさま。 「 -の沙汰さた」 「臆病未練の-の者/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
ふとどきなさま。不敵なさま。 「朝比奈にみぎはまさりの大力、-の者と聞きたり/曽我 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android