コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痺れ茸 しびれたけ

大辞林 第三版の解説

しびれたけ【痺れ茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。別名をワライダケモドキといい、食べると狂躁状態におちいる。梅雨季に藁わらなどの堆肥上に群生。初め饅頭まんじゆう形、のち平らになる。茎の高さ2~9センチメートル。傘の径1~5センチメートル。日本全土に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報