コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生源対策(5S用語) はっせいげんたいさく

1件 の用語解説(発生源対策(5S用語)の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

発生源対策(5S用語)

5Sでいう発生源対策とは、清掃活動で、チリ、ほこり、ゴミ、汚れなどを発生させている源を断つ活動のこと。発生源とは何か、対策の方法はどうあるべきかなどを厳格に定義づけしていないことも多いが、できるだけ少ない労力できれいな状態を維持できるようにする取り組み全般をさしている。 例えば、設備からの液ダレによって床一面がいつも汚れてしまう状態にあるとき、汚れた床をきれいに清掃しようとすると多くの労力が必要となり、いったんきれいになってもまた汚れ、何度も繰り返し清掃する必要が生じてしまう。そこで、液ダレが発生している箇所を見つけてそこに液が漏れないような対策をしておけば、その後は床が汚れなくなり、それまでのような清掃は必要なくなる。このように発生源をつぶしてしまうことが最も効率の良い改善となる。 清掃の発生源対策では、発生源に対策が打てない場合でも、外部からの持ち込み(侵入)防止や飛散防止などの対策も含めて行い、効率良く清掃ができる状態を目指す。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発生源対策(5S用語)の関連キーワード振動騒音一斉清掃(5S用語)清潔(5S用語)清掃(5S用語)清掃困難箇所対策(5S用語)日常清掃(5S用語)企業の社会的責任(CSR)財源対策活用基金夢をはぐくむ体験活動サポート事業

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone