コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発達障害の子どもと学校現場

1件 の用語解説(発達障害の子どもと学校現場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

発達障害の子どもと学校現場

学習障害(LD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの発達障害の子どもの割合は、文科省が02年に行った調査によると、普通学級に平均で約6・3%。16人弱に1人いる計算だが、06年の佐賀県内の公立校教員向けアンケートでは、各校の教育課題を「発達障害(またはその可能性)のある児童生徒への対応」と答えた教員が、校長で54%、教頭以下の教諭で52%おり、発達障害児への対応が手薄な現状を浮き彫りにした。佐賀大の新たな教育実習は、こうした問題に正面から取り組もうと始まった。

(2008-05-06 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発達障害の子どもと学校現場の関連キーワード学習障害注意欠陥多動性障害特別支援学校通級による指導障害者プラン発達障害注意欠陥・多動性障害成人ADHDリタリン軽度発達障害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone