コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発音器 はつおんき

大辞林 第三版の解説

はつおんき【発音器】

音を発するための器官。主に陸生脊椎動物と昆虫類に発達する。後者には主に摩擦器・振動器の二型がある。発音器官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発音器の関連キーワードサラサヒトリ(更紗灯)クサヒバリ(草雲雀)クツワムシ(轡虫)サイドワインダークダマキモドキミナミイセエビサラサヒトリアオマツムシカミキリムシ発音(生物)クサヒバリマダラスズクツワムシゴシキエビキリギリスキンヒバリセミ(蟬)ツノメガニ音響測深機チッチゼミ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発音器の関連情報