コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登戸研究所

1件 の用語解説(登戸研究所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

登戸研究所

1939年設立。正式名は「第九陸軍技術研究所」。細菌やウイルスを使った「生物兵器」や、気球に爆弾をつけて米国本土を狙った「風船爆弾」などの開発が行われた。偽札工作は設立当初から実施され、5元札から200元札まで総額約45億元分を製造。約25億元分が中国での物資買い付けなどに使われたとされる。中国経済への影響については、日本の研究者の間で「多大な衝撃を与えた」という見解と、「中国側が対抗策として高額紙幣を流通させたため、日本の偽札(小額紙幣)は無力化された」とする見解などに分かれている。

(2011-02-21 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登戸研究所の関連キーワード柳原豪湖第九世円随第九IAESTEKIST斎藤成文多田礼吉田中弘太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登戸研究所の関連情報