コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登戸研究所

1件 の用語解説(登戸研究所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

登戸研究所

1939年設立。正式名は「第九陸軍技術研究所」。細菌やウイルスを使った「生物兵器」や、気球に爆弾をつけて米国本土を狙った「風船爆弾」などの開発が行われた。偽札工作は設立当初から実施され、5元札から200元札まで総額約45億元分を製造。約25億元分が中国での物資買い付けなどに使われたとされる。中国経済への影響については、日本の研究者の間で「多大な衝撃を与えた」という見解と、「中国側が対抗策として高額紙幣を流通させたため、日本の偽札(小額紙幣)は無力化された」とする見解などに分かれている。

(2011-02-21 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

登戸研究所の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学ソ・フィン戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登戸研究所の関連情報