登録型派遣と常用型派遣

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

登録型派遣と常用型派遣

登録型は派遣会社に登録し、仕事があるときだけ派遣会社と雇用契約を結んで働く。仕事がなければ賃金は支払われない。常用型は派遣会社の社員となり、派遣されない間も派遣会社から一定の賃金が支払われる。

(2010-01-08 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android