コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白ナイル川 しろナイルがわ

2件 の用語解説(白ナイル川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白ナイル川
しろナイルがわ

ホワイトナイル川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白ナイル川
しろないるがわ
White Nile

アフリカ北東部を流れるナイル川の二大支流の一つ。アラビア語の正称はバハル・アル・アビヤドBahr al Abyad川。東アフリカ大湖沼群のうちビクトリア湖エドワード湖などの水を集め、南スーダンスーダン国内を北流しハルトゥーム付近で青ナイル川と合流。ビクトリア湖に流入する最大の河川カゲラ川の源流部一帯(ブルンジ南部の山地)が「ナイルの源」とされている。同地点から青ナイル川との合流点まで約4800キロメートル。なお狭義には、南スーダンのバハル・アル・ガザル川との合流点から青ナイル川合流点まで約960キロメートルの区間をさす。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白ナイル川の関連情報