コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白ナイル川 しろナイルがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白ナイル川
しろナイルがわ

ホワイトナイル川」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白ナイル川
しろないるがわ
White Nile

アフリカ北東部を流れるナイル川の二大支流の一つ。アラビア語の正称はバハル・アル・アビヤドBahr al Abyad川。東アフリカ大湖沼群のうちビクトリア湖、エドワード湖などの水を集め、南スーダン、スーダン国内を北流しハルトゥーム付近で青ナイル川と合流。ビクトリア湖に流入する最大の河川カゲラ川の源流部一帯(ブルンジ南部の山地)が「ナイルの源」とされている。同地点から青ナイル川との合流点まで約4800キロメートル。なお狭義には、南スーダンのバハル・アル・ガザル川との合流点から青ナイル川合流点まで約960キロメートルの区間をさす。[田村俊和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白ナイル川の関連キーワードナイル・サハラ語族エチオピア(国)南スーダン共和国エドワード[湖]ガランバ国立公園スーダン(国)スッド盆地マラカルバッガラウガンダコドク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android