コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白リン弾

1件 の用語解説(白リン弾の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

白リン弾

白リンは空気に触れると自然発火して煙が出る。白リン弾は第1次大戦のころから、発煙弾として使われてきた。人体に触れると水での消火が難しく、市街地で使うことに国際的な批判があるが、化学兵器禁止条約などの国際法では規制されていない。

(2010-02-21 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白リン弾の関連キーワード自然発火デトネーション黄燐マッチ逆鱗に触れる自然発生赤燐変質目に触れる自然発火性物質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白リン弾の関連情報