白井 常(読み)シライ ツネ

20世紀日本人名事典「白井 常」の解説

白井 常
シライ ツネ

昭和・平成期の心理学者 東京女子大学名誉教授。



生年
明治43(1910)年10月31日

没年
平成11(1999)年7月27日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京女子大学〔昭和7年〕,東京文理科大学〔昭和15年〕卒,トロント大学大学院〔昭和29年〕博士課程修了

学位〔年〕
Ph.D.(トロント大学)〔昭和29年〕,文学博士(東京教育大学)〔昭和36年〕

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔昭和58年〕

経歴
昭和24年東京女子大学教授、51年聖心女子大学教授。この間、41〜42年ラトガース・ダクラス大学客員教授、49年ハワイ大学客員研究員、51〜59年NHK中央番組審議会委員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白井 常」の解説

白井 常 (しらい つね)

生年月日:1910年10月31日
昭和時代;平成時代の心理学者。東京女子大学教授;聖心女子大学教授
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android