白井 新平(読み)シライ シンペイ

20世紀日本人名事典「白井 新平」の解説

白井 新平
シライ シンペイ

昭和期の評論家,社会運動家



生年
明治40(1907)年8月18日

没年
昭和63(1988)年9月25日

出生地
京都府舞鶴市

別名
筆名=山本 三郎,アキ・ヤマモト(山本秋)

学歴〔年〕
大阪高等学校(旧制)〔大正15年〕中退

経歴
大阪合成労働組合に加入。上京後、日本労働組合自由連合協議会に協力し、昭和4年「国際情報」を刊行。6年には14日間の煙突上の抗議で有名な“日本染織会議”を闘う。戦後は日本アナキスト連盟の結成に参加、週刊「平民新聞」を発行した。一方実業家として、競馬新聞を発行する競馬週報社(昭12年)や牧場ランチョ(昭31年)を設立。60年より「黒旗の下に」と「ながれ」を編集。著書に「天皇制を裁く」「アナーキズムと天皇制」「競馬と革命と古代史を歩く」「官僚!中央競馬はこれでよいのか」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android